【永久保存版】あなたのお金が貯まるための考え方と方法について解説

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。今回は、お金を貯めたいけど、すぐに使ってしまい、なかなか貯められない・ほんとに生活がカツカツで貯めるお金もなくて、将来が不安というあなたに、必ずお金が貯まる方法を紹介します。是非最後までお付き合いください。

今回は貯金に関する行動経済学を紹介します。

この記事ではお金に対する考えを変える方法を紹介しますので、思考を変えて行動していただければ、今まで貯金が出来なかったあなたもすぐにお金が貯まるようになります。

思考を変え、行動を変える。これが貯金への第1歩です。

あなたが貯金できない理由は2つ

行動経済学の観点では、あなたが貯金できない理由は2つあります。

この2つの原因を理解すれば、お金に対する考え方が変わります。お金に対して正しい捉え方が出来るようになるので、どういう行動を取れば貯金が出来るか自然と理解できるはずです。

原因1:無意識にお金を相対化している

1つ目の原因は、あなたが無意識的にお金を相対化してしまっていることです。

例えば、あなたが1か月間、月から金まで一生懸命働いて稼いだお給料が30万円だとします。

一方で、初めて買った宝くじで、偶然30万円が当たりました。

この2つを比べた時に、あなたはどういう行動を取りますか?

普通なら、宝くじで当たった30万円は景気よく使ってしまうでしょう。もともと無かったものですし、少し気が大きくなって普段買わないようなものを買ったり、食べたりして使ってしまいます。

しかし、よく考えると、どちらも30万円で同じ価値です。にもかかわらず、なぜ宝くじで当たった30万円は景気よく使ってしまうのでしょうか?

それはあなたの頭の中しかも無意識のレベルで、働いて稼いだ30万円とあぶく銭の30万円を別物として分けてしまっているからです。

これは 心の会計 と言われており、色々なことにも言えます。

例えば、僕の事例ですが、以前脱毛サロンに行ったことがあるのですが、総額20万円くらい必要だと説明されたことがありました。

普通のサラリーマンからすると、20万円は大きな買い物です。なかなか決断できないでいると、

「割賦契約できますよ。」と言われ、何も迷うことなくサインをしてしまったことがありました。

これも僕の頭の中で20万円を現金一括で支払う痛みと、割賦で2年くらいかけて支払う痛みの違いが瞬間的に無意識で判断されてしまったからです。

本来は同じ20万円ですから、同じ価値基準で判断をしなければいけないのに、割賦になった途端にサインしやすくなってしまうのです。ほんとに怖いです。

原因2:自分の行動を都合よく解釈している

2つ目の原因は、自分の行動を都合よく解釈してしまうことです。

例えば、買う気がなかった洋服が、たまたまセールで半額になっていて、なんとなくお得だから買っちゃおうみたいなことです。

必要のないものを、安くなっていたからこの買い物は上手な買い物だと前向きに解釈してしまうわけです。

これをしていたら、お金は貯まらないでしょう。

自分の行動を正当化することを 自己奉仕バイアス と言いますが、人間はあらゆる場面でこの 自己奉仕バイアス を発揮します。

禁煙が典型的な例です。ぼくも何度もタバコを止めようとしたことか。禁煙外来まで行きましたが、仕事のストレスを理由に、はかなくも禁煙は終わりました。

2つの原因に対する解決策とは?

要するに、意識する!ということは無駄ということです。

私たちが想像している以上に、潜在意識は強烈です。明日からダイエットしよう!とか、今月から貯金しよう!とモチベーションを高めることは、かえって自分の自己肯定感をなくすことに繋がりかねません。

しかしながら、そんな僕でも貯金はある方法で解決することができました。それは自動化させるということです。

心の会計の解決策

心の会計 を解決する方法は、まずお金は相対化されるものではないということから始まります。

なぜなら、お金を稼ぐ手段はどうであれ価値は同じだと冷静に捉えられるようになるからです。

その上で、お金を貯める具体的な方法は、NISAがおすすめです。

NISAがおすすめである理由は、自分が好きな時に株式の買付ができるからです。ただし、積立NISAの場合は定期積立になりますので、あぶく銭が手に入ったからと言って積立できません。

NISAは、非課税枠が年間120万円まで、非課税期間は5年間とされていますが、同一金融機関なら期間延長も出来ます。

おすすめの証券会社は、SBI証券あるいは楽天証券です。

SBI証券はミニ株と言った1株から購入できる仕組みがあります。通常株式は、単元株つまりまとまった株数での購入しか出来ませんが、ミニ株なら気軽に株を購入することが出来ます。

一方で、楽天証券はミニ株制度がありませんが、楽天カードユーザーなら株式取引でも楽天ポイントが付くのでお勧めです。

自己奉仕バイアスの解決策

自己奉仕バイアス を解決する方法は、給与天引きにすることです。

会社で財形貯蓄制度があれば、それを利用しましょう。

ただ、今時財形貯蓄制度のある会社は多くないので、自分でなんとかしなきゃいけない場合は、貯蓄型保険がおすすめです。

理由は2つあります。

1つ目は途中解約の手続がめんどくさいことと、2つ目は途中解約すると返戻金が100%ないことです。

つまり、絶対に貯金に挫折することがありません。

僕はこれで貯金が成功しています。これはかなり強力な自動化ですので、是非やってみてください。

しかし、どの保険会社も似たような保険商品を扱っているので、はっきり言って素人が簡単に比較することは容易ではありません。

ですので、フィナンシャルプランナーに相談しましょう。相談は無料で、あなたに合った保険商品を紹介してくれます。

また、フィナンシャルプランナーの方とお話をすると、自然に金融知識が身に付いて一石二鳥です。

まとめ

あなたが貯金できるようになるには、心の会計自己奉仕バイアス に打ち勝つように貯金を自動化してください。

そのために 心の会計 を理解し、お金を相対化しないようにしましょう。お金はどのように手に入れても同じ価値です。大事に扱いましょう。

お金の捉え方を変えられたら、次は自動化です。意識して貯金することは出来ません。何も考えずに一定の方法で自然と貯まっていく仕組みを作りましょう。

僕としては餅は餅屋と思うので、是非その道のプロにあなたに合った貯蓄計画を相談してみてください。必ずいい答えが見つかるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す