【解説】リアル店舗でPayPayを使って支払う方法は2パターンあります!

こんなひとにおすすめの記事です

PayPayを使ってみたいと考えているひと

PayPayをダウンロードしたけど、お店で使い方が分からないひと

この記事は、PayPayをお店で使う時の支払い方法を解説します。

以前、からあげ専門店の福のからというお店で、僕の前にいたマダムがPayPayで支払いをしようとしていたのですが、払い方が分からなくて結局現金で支払っていました。

実はPayPayには店頭で支払う方法が2つあります。

では早速みていきましょう。

PayPayとは?

そもそもPayPayとは、スマホ専用のキャッシュレス決済サービスです。

お財布がなくても支払いが可能で、全国約194万店以上で利用することができます。(2020年2月20日時点)

しかも利用した金額に応じて、0.5%〜1.5%のPayPayボーナスが付与されます。

付与されたPayPayボーナスは、普通にショッピングで利用できるポイントです。

この還元率はソフトバンクユーザーになって、かつヤフーショッピングで日曜日に買い物すると、25%を超える還元率を実現することもできます!

使い方によっては、賢く買い物ができるサービスです。

PayPayの2つの支払い方

PayPayを店頭で使う方法は2つあります。

PayPayの支払い方
  1. バーコード読み取り決済
  2. QRコード読み取り決済

それぞれとても簡単に支払いが出来ますので、1つずつ解説していきます!

支払い方1 バーコード読み取り決済

まずは、バーコード読み取り決済についてです。

これはスーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストアなど、バーコードリーダーのある店舗での支払い方になります。

アプリ立ち上げ

支払い方はとっても簡単、アプリを立ち上げると、次の画面になります。

*僕のアカウントなので大事な情報部分にはモザイク入れています。

この画面の最下位にある「支払う」という赤いボタンを押しましょう。

バーコードを見せましょう

この上段にあるバーコード部分を店員さんに見せて、「PayPayで」というだけでOKです。

店員さんがバーコードを読み取って支払い完了です。

支払い方2 QRコード読み取り決済

続いて、QRコード決済です。

こちらが初心者の方には分かりにくい支払い方になってるかも知れません。

上記画像の通り、店頭にあるQRコードを読み取って支払う方法です。

こちらはチェーン店でも、割と小型の店舗に多い印象があります。

先ほどの福のからもそうですし、以前旅行で行った金沢の近江町市場にある魚屋さんはほとんどこのタイプの支払い方法でした。

スキャン支払い

アプリを立ち上げて、支払うボタンを押すまでの流れは、バーコード読み取り決済と同じです。

次に、画面右下にある「スキャン支払い」を押します。すると、カメラが自動で立ち上がるので、QRコードを読み取ります。

読み取ると、金額を入力する画面になります。

そこで、支払い金額を自分で入力し、支払いを完了させます。

その支払い完了画面を店員さんに見せて、支払ったことを確認してもらったら終了です。

なんだか最後はアナログな感じがしますが、、QRコード決済はこうして支払うことができます!

まとめ

PayPayを店頭で使う支払い方法を解説しました!

PayPayを持っていれば、とっても簡単に支払いが出来て、使い方によっては高い還元率を得ることが出来ますので、是非上手に使ってみて下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す