【python基本文法】enumerate関数まとめ

こんにちは、独学エンジニアshintarooooです。

enumerate関数について、学んだ知識を整理しておきます。

enumerate関数を学ぶ

enumerate関数とは、2つの要素をタプルにして返す関数。最初の要素は、ループカウンタに当たる数値で0から始まる。2番目の要素は、シーケンスの中の要素。以下の例ではemployeesリストがシーケンスになる。

employees = ['佐藤', '鈴木', '木田', '中村', '田中', '西村']

for num in enumerate(employees):
    print(num)

#印字するとこんな感じにタプルになる
(0, '佐藤')
(1, '鈴木')
(2, '木田')
(3, '中村')
(4, '田中')
(5, '西村')

変数を2つ用意して見ると、

employees = ['佐藤', '鈴木', '木田', '中村', '田中', '西村']

for num, name in enumerate(employees):
    print(num, name)

#印字すると、0から始まる番号とリスト内の文字になる
0 佐藤
1 鈴木
2 木田
3 中村
4 田中
5 西村

enumerate関数はどのような場面で使うのか?

enumerate関数は、ループ文でループカウンタを使いたい時に使用する。つまり、番号を振りたい時に使用する。上記のサンプルコードでもある通り、全てに番号が順番に振られている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す